プール後の洗眼は目に悪影響、習慣的行為に意外な盲点

水道水で目を洗う行為は、予防につながるどころか、かえって目に悪影響を与える。以前はプール内の塩素濃度が高いため、目に付着した塩素を洗い流す目的で洗眼を行っていたと考えられるが、水道水は涙液とは浸透圧が異なるため、角膜上皮障害を起こしやすい

トレーニングで水泳をやっている人などは要注意ですね。言われてみればけっこうな水圧で目を洗い流すので、目には悪そうな感じもします。なんていうか、水道水で洗った後って、目がしばしばしましたよね。市販の洗眼液も「洗眼液中の防腐剤(塩化ベンザルコニウムなど)や界面活性剤が涙液層を保持するムチン層を洗い流してしまうため、ドライアイを進行させてしまう危険性がある」そうですので、無闇には使わない方が良い、ということでしょうか。

どう対処するかと言えば‥‥

水泳中はゴーグルを着用し、目を水に触れないようにすること。ゴーグルを着用せず、プールから出た後、何時間も目の違和感が続く場合は、涙液と同じ濃度の点眼薬を使用するのがよい

だそうです。そういえば、コンタクトmmをしていて目が乾いたときに、通常の目薬はさせないので、涙と同じ成分の目薬をさしていたのを思い出しました。そうか、あれですか。

▼楽天でコンタクト用目薬を比較( a , b , c