米パーム、新社名は「PalmOne」に決定

会社分割により2社体制を計画している米Palmは、このほど分割後のハードウェア専業新会社名をPalmOneと決定した。

Palmという名称が指し示すものが「Palm社自身、同社製ハンドヘルド機器、そしてその上で稼動するOSという3つの異なる意味」を持っていたことから、なかなかの困難を極めたそうです。今後OSが「Palm」となり、ハードウェアは「palmOne」となるそうです。

■関連記事

米パームが社名変更、「palmOne」でライセンス拡大狙う

パームがハード事業とOS事業を分離する狙いは、Palm OSのライセンス販売拡大だ。PalmブランドはOSのほかに社名、パームが販売するPDAにも使われていて、ライセンス販売を拡大する障害となっていた。

Palm が社名変更、秋からは palmOne

2004年春以降に販売される端末には、新しい palmOne のロゴが付く。

Palm、OS部門独立後の社名を「palmOne」に

Palm SolutionsはHandspringと合併してハードウエアを中心にモバイルコンピューティング・ソリューションを開発するpalmOneとなる。