NEC、クリック100回ごとに1本植樹するユーザー参加型サイトという記事がありました。実際にウェブサイトも見てみましたが、ほのぼのとしててなんだかいい感じ。

ecotonoha.jpg

フラッシュで描かれる木の先端をクリックし、メッセージや名前を書き込むことで枝が分岐し、徐々に木全体が大きくなる仕組み。メッセージの書き込みは1日1回までとなっている。ユーザーの参加回数が100回に達するごとに、NECがオーストラリア・カンガルー島で実施している植林事業において植樹数を1本追加する。

アクセスすると、1日の枝の成長が見られます。葉がつきながら、枝分かれしながら、木が成長していく訳ですね。