教えてもらったのですが、どうやらぼくは「確信犯」という言葉を間違って覚えておりました。「あの人のAという行動は確信犯だよね」というように使われる場合、例えば結果が悲惨なものになると知りつつ、Aという行動をとった、というように使われるものだと思っていたのです。

でも違った! goo辞書によると、

道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。

ということで、自分の行為が正しい確信しつつ行動し、結果的に犯罪となってしまう場合を言うようです。うーん、こりゃ知らなかったぞ。つまり、確信犯は自分のことは確信犯だとは思っていないということです。一つ勉強になりました。