2016 12 28 0927

伊豆大島を4,000円で往復する方法を見つけてしまいました。片道2,000円。ちょっとタクシーに乗ったら2,000円くらいかかりますが、そんなチョイ乗り感覚で伊豆大島へ遊びに行くことかできてしまうのです。

いくらオフシーズンだからってこの値段は!

と驚きました。まさかの52%オフ、通常8,320円が4,000円です。ただし、この激安を享受するにはいくつか条件がありますので、それを説明します。

伊豆大島の往復4,000円チケットの条件

期間限定&除外日がある

チケットが使用できるのは2017年1月1日(夜発)〜1月28日(帰着)の期間限定で利用可能です。

さらに除外日があります。

往路:10、12、19、26日
復路:11、13、20、27日

あまりにも激安なので使用日に条件があるのは仕方ないところでしょう。とはいえ、有効期間が5日間ありますので、慌ただしい旅にはならないはずです。

予約は利用開始日の前日までとなります。

座席がイス席

大型船の2等船室というと和室の雑魚寝を想像する人が少なくないかと思いますが、当チケットで利用できるのは2等リクライニングシートです。つまり、イス席です。

乗船時間は8時間くらいですので、高速バスに乗っているような感覚でしょうか。ただし、船内は自由に移動できるしトイレはある、さらに自動販売機もあるので、高速バスよりは快適です。

ぼくは2等リクライニングシートは利用したことがないので、どの程度までリクライニングするのか分かりませんが、一晩くらいなら楽しそうだなと思っています。

伊豆諸島への船旅の様子は次のような記事を書いていますので参考にしてください。

「竹芝桟橋」安い&近い駐車場は船旅に便利

【新島の行き方】大型客船で1泊しながら行く場合

【大型船】新島&式根島の行き方・帰り方(2等船室と特2等船室)【高速船】

東京−大島の時刻表

利用する大型船の時刻表は以下の通りです。

東京発 22時 大島着 6時
大島発 14時30分 東京着 19時(土日は19時45分)

早朝に到着するので、1日がゆっくりと使えます。1泊2日でも十分に遊べます。

宿泊の3,000円割引もある

伊豆大島へ遊びに行こう!/東京の観光公式サイトGO TOKYOに詳細がありますが、1泊につき3,000円の割引が実施されています(2泊まで)。安く伊豆大島へ行って、リーズナブルに宿泊も実現しますね(条件はサイトでご確認ください)。

条件はあるけれど東京の離島体験にはオススメ

なんといっても往復4,000円ですからねぇ。友達と一緒に行くなら、船の中で飲み会をほどほどにやりながら、イス席で仮眠をとって行く感じも面白いと思うんですよ。片道2,000円ですからねぇ。

1つ裏技を。冬に登場する激安チケットを手に入れて、新島に遊びに行きたいと思っていたのですが、実はこの4,000円チケットと組み合わせることで実現可能と分かりました。それは、大島から新島へは普通にチケットを購入するというもの。

大島から新島は大型船の2等が1,120円です。ですので、往復2,240円を加えた6,240円(片道3,120円)で新島にも行けてしまいます!

電話で問い合わせたところ、大島着が6時で出発が6時20分なので、その間に一度下船をし、チケットを購入して再び乗船することが可能とのことでした。4,000円チケットは5日間の有効期限があるので、アイランドホッピングもできそうですよ。

伊豆大島にも温泉はあるし、さらに距離が近い新島、式根島、神津島にも温泉があるので、温泉ツアーも面白いカモ。いかがですか、1月の東京の離島?

>>「まました温泉」新島で源泉掛け流しの海が見える露天風呂!砂風呂もあり(新島)

詳細はコチラからご確認ください。