スポンサードリンク

【フルーツ牛乳】「明治フルーツ」2019年4月1日で販売終了!60年の歴史に幕

スポンサードリンク

【フルーツ牛乳】「明治フルーツ」2019年4月1日で販売終了!60年の歴史に幕

銭湯で飲めるやつ。フルーツ牛乳って呼んでますよね?

銭湯や宅配で愛された「明治フルーツ」が、2019年4月1日で販売終了することが明らかになりました。「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕という記事になっていました。

「明治フルーツ」はリンゴ、バナナ、レモンなど6種類の果汁と、ミルクなどを合わせた飲料。宅配や銭湯などに設置された瓶入り飲料の自販機で販売され、長く定番商品の一つとなっていた。

スポンサードリンク

60年の歴史に幕

「明治フルーツ」の発売開始は1958年。60年の歴史を誇る清涼飲料水でした。

「中期的な売り上げ減少に伴い、販売終了することになりました」ということなのですが、銭湯の数も減ってますしねぇ。

恐らくこちらのツイートがきっかけで、この「明治フルーツ」の終了情報が広まったのだと思います。

「明治フルーツ」が好きな人はどうしたらいいんだ! と思ったら、同じく6種類の果汁を使用した紙パック入りの「オ・レ フルーツ」は販売を継続するそうです。

【フルーツ牛乳】「明治フルーツ」2019年4月1日で販売終了!60年の歴史に幕

ちなみに「明治フルーツ」の原材料はリンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップル、洋ナシ、バナナ、レモンの果汁です。

「オ・レ フルーツ」の原材料はオレンジ、りんご、西洋なし、もも、レモン、パインアップルの果汁にバナナピューレです。

モモが違うようですが、ほぼ違いはない気がしますね。

「明治フルーツ」がなくなって残念、寂しいという人は「オ・レ フルーツ」までなくならないようにどんどん飲みましょう!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】ほぼ0円!「平成総括シリーズ第一弾 1989年~1994年代名作選」(3/14まで)

次へ

ネタリスト(2019/03/05 14:00)武蔵小杉の問題点は「街づくりを誰もやらない」