スポンサードリンク

マクドナルド「東京ローストビーフバーガー」のローストビーフが成型肉だったとして消費者庁が措置命令

スポンサードリンク

B06XP9WQ4V

マクドナルドが2017年8月に販売した「東京ローストビーフバーガー」で使われたローストビーフが成型肉だったとして、消費者庁が措置命令を出しました。マクドナルド“ローストビーフ”実は成形肉という記事になっています。

本来、ローストビーフは塊の牛肉を焼いたもので、これらのメニューは商品名だけでなく店舗での広告などでも「ローストビーフをサンドした」などと宣伝していました。

スポンサードリンク

消費者庁が調べたところ、商品の半分以上はローストビーフではなく、牛肉を加工した成形肉を使っていたということです。消費者庁はこれを不当表示として措置命令を出しました。

マクドナルドは「開発段階で肉の量を増やしたところローストビーフが調達しきれなくなった」と説明しています。

「東京ローストビーフバーガー」に関しては販売当時から「これはローストビーフではないのでは?」ということがネットで言われていたのですが、1年かけての措置命令となりました。

画像検索で振り返ってみても、確かにハムのようにも見えます。実際には「ローストビーフ」ではなく「ローストビーフ風」だったということですね。

マクドナルドにはぜひ再発防止を徹底して頂きたく。

■関連記事

マクドナルドに措置命令 「ローストビーフ」に成型肉を表示せず (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

「成型肉は、一枚肉と同様に厳選された牛モモ肉の切り身を大きなブロックに整えて加工し、スライスしたもので、ミンチ肉ではありません」とし、品質に問題はなかった点を強調した。

スポンサードリンク

前へ

47都道府県にそれぞれにあるが郷土料理が魅力的な都道府県1位は北海道

次へ

「special thanks to」表記を受け映画版「この世界の片隅に」がテレビ版「この世界の片隅に」には一切関知していないとツイート