2017 11 28 1123

大手チェーンの飲食店を原則、禁煙とする法案の検討が進められている中で「サイゼリヤ」が2019年9月までに全店舗を禁煙にする方針を固めたということです。サイゼリヤ 再来年9月までに全店舗を禁煙へという記事になっていました。

全国で1000店舗余りを展開するサイゼリヤは、これまで大部分の店舗で、客席を禁煙席と喫煙席に分ける、いわゆる「分煙」を行ってきました。 関係者によりますと、サイゼリヤはこれを改め、再来年9月までにすべての店舗を原則として禁煙にする方針を固めました。

最近はタバコを吸わない人が周りには多いため、禁煙でなくともわざわざ喫煙スペースにタバコを吸いに行く友人もいます。個人的にはそれほどタバコの煙は気にならない方ですが、ファミリーレストランはいろいろな人が行くところなので禁煙だとありがたいかもしれません。

サイゼリヤでは、客席の禁煙化には改装などに費用や時間がかかるため、国の規制が正式に決まる前に対応方針を固めたものと見られます。

既にマクドナルドが全席禁煙となっています。浦和のマクドナルドだと喫煙スペースも有効活用されるようになり、もしかすると以前よりも客数は増えているかも? もちろんタバコを吸いたい人のために、その受け皿となるようなファストフードが近くにもあるのですが。

「喫煙者の利用は減ったが、ファミリー層の利用が増えた」とKFCを運営する会社の人はコメントしています。