スポンサードリンク

「野郎ラーメン」1日1杯月額8,600円のラーメン定額サービスを開始 〜決済はアプリで完了

スポンサードリンク

2017 10 27 1101

関東で15店舗のガッツリ系本格ラーメン「野郎ラーメン」を運営する株式会社フードリヴァンプが、1日1杯月額8,600円のラーメン定額サービスを開始することを発表しました。これは「野郎ラーメンアプリ」のリリースに伴う優待サービスの一環で、業界初のサブスクリプションモデルとしています。

サービス名は「1日一杯野郎ラーメン生活」で、2017年11月1日よりスタートします。

スポンサードリンク

対象となるのは、

・「豚骨野郎」780円(税込)
・「汁無し野郎」830円(税込)
・「味噌野郎」880円(税込)

以上の3種類で、1日1杯月額8,600円(税抜)の定額でラーメンが食べられます。「豚骨野郎」だと12杯で元が取れる計算となります。

2017 10 27 1105

決済などの手続きは全てアプリで完結します。使用はアプリ内の「1日一杯野郎ラーメン生活」パスポートを数回タップし、店舗番号を入れて店員に見せるだけです。

ただし、食べ盛りの学生や働き盛りの18歳〜38歳までと定義される「野郎世代」のみに利用が限られるとしています。どこかで年齢確認するのでしょうか?

ラーメンの原価率を3割とすると最も高い「味噌野郎」が1杯あたり264円。31日間食べ続けても8,184円なので、恐らく赤字にはならない金額として8,600円が設定されているのでしょう。

それ以上に、月額8,600円を払ってでも「野郎ラーメン」を食べまくりたいという人のデータが得られるのは大きいでしょうね。真のファンです。

スポンサードリンク

前へ

63言語対応の翻訳デバイス「ポケトーク(POCKETALK)」SIM付きでクラウド翻訳可能

次へ

【Kindle】「インベスターZ」完結記念で1冊5円のセール中(10/29まで)