B001TOZTYS

サントリーが、原酒不足が懸念されるとして、9つのブランドのウイスキーを2016年4月以降に値上げすると発表しました。ウイスキー値上げへ 原酒不足などが影響という記事になっていました。

発表によりますと、サントリースピリッツが値上げするのは、国産と輸入ウイスキーの9つのブランド、合わせて33品目で、消費税抜きの希望小売価格で9.4%から25%引き上げるとしています。

ハイボールブームもあり、原酒不足は続いているのですね。ウイスキーは減ったから増産する、というのが簡単にできる訳ではありません。あくまでも原酒の量は決まっていますので。今はハイボールブームですが、また10年、20年後はどういう状況になっているか分からないので、生産調整が難しいのですね。

主な商品では、いずれも700ミリリットル入りの瓶で、「角瓶」は1414円から1590円になります。「角瓶」の値上げは32年ぶりです。 「響JAPANESEHARMONY」は、4000円から5000円、ジムビームは1390円から1540円に値上げされます。

低価格帯のウイスキーの値上げは小幅で抑えられていますが、響が4,000円から5,000円というのは、かなり大きいですね。店でハイボールが値上がりするのかなぁ。