B0012Z1OU2

「缶コーヒーといえばスチール缶」でしたが、徐々にアルミ缶への切り替えが進んでいるそうです。理由は殺菌技術の進歩などがあるということです。缶コーヒー、スチールからアルミに その理由はという記事になっていました。

「他の食品と同じように、安全性を担保する方法を製品個別の検査から、生産工程を管理する方式に変えたのです。背景には殺菌技術などの進歩があります。国際的な食品加工の衛生基準であるHACCP(ハサップ)認証を受けているような工場であればアルミ缶を使っても問題ないと判断しました」

缶飲料で怖かったのがボツリヌス菌で「菌が増殖すれば缶が膨張するので、消費者が飲むときに気づく」という理由から、スチール缶が使われていたのだそうです。その後、ミルク入りにだけリスクがあることが分かり規制が緩和され、さらに殺菌技術の進歩により、ミルク入り飲料でもアルミ缶を使って良いということになったのだとか。

スチール缶が使われているのには、そうした理由があったのですか。

ただ、スチール缶が無くなってしまうのかというと、決してそうはならないようです。というのも、

飲料会社にとって鉄鋼メーカーは原料供給元というだけでなく「お客さま」でもあるからだ。

という事情があるから。鉄鋼業界の会合では、ビールもスチール缶だそうですよ。そんな缶ビール、見たことありませんが、わずかながら業界向けに生産されているそうです。

お付き合いといいますか、配慮といいますか、色々とあるんですね。

コーワ パワードコーヒー レギュラー 190g×30本

B00JIHBT5Q