Ichi ban kan 1261

ファミレスで呑んだり、チェーン店の中華料理屋で呑んだり、リーズナブルかつ手軽に呑めるスポットは増えつつありますが、中野の「一番館」はかなりの衝撃でした。酎ハイ100円とか、安すぎでしょ! もちろん、おつまみも安いので、それなりに呑んで食べてしても一人2,500円でした。むしろ「一番館」でよく2,500円も使ったと思われるカモ!?

最近、都内でこの「中華食堂 一番館」が増えつつあるようです。店舗一覧によると埼玉県は川口にあります。もしかすると、今後はさらに勢いついて店舗が急増していくかもですね。ぜひ浦和店も欲しいです。

「一番館」のメニュー

Ichi ban kan 1298

「一番館」のメニューです。とにかく安い!

Ichi ban kan 1299

かけラーメンは290円。炙りチャーシュー麺でも500円。チャーハンは350円、焼餃子は4個が150円、6個でも200円です。

Ichi ban kan 1300

定食もレバニラ炒め定食が600円、豚肉とキクラゲの玉子炒め定食が600円です。600円だと普通かなぁ、とも思いますが、脳が完全に切り替わってしまい、全てがお得に見えてしまいます。でも実際、このボリュームでこの値段だったら安いと思います。

Ichi ban kan 1301

とにかく衝撃的なのはドリンク類の価格。樽生ビールが200円、ハイボールが100円、酎ハイが100円なのです。我ら酎ハイ族にとってなんと嬉しい価格設定なのか!!

見ればおつまみ3店盛りが300円だったり、おつまみ唐揚げが290円だったり、ちょいちょいとつまめるものもリーズナブル。枝豆に冷奴にチョリソーと、大衆酒場っぽいメニューも嬉しいです。

「一番館」がっつり呑んで食べて日が暮れて

Ichi ban kan 1263

店内の雰囲気は、わりと洋風でした。レンガを積んだような壁、まどにからまるつた。中華料理屋なんですけど、この不思議な雰囲気もまた居心地が良いのです。

Ichi ban kan 1264

呑むのは酎ハイのみ。100円でチャリンチャリン。10杯呑んだって1,000円です。

Ichi ban kan 1266

格安プライスの酎ハイなので、心なしかジョッキはややスモールめ。でも100円だから気にしません。足りなければ、2杯頼めば良いだけなのですから。

Ichi ban kan 1265

おつまみ3点盛り。100円、100円、100円の3品。煮玉子にチャーシュー、キムチとよくわかっていらっしゃる!

Ichi ban kan 1274

焼餃子。定番、美味し。

Ichi ban kan 1276

水餃子。しっとり美味し。

Ichi ban kan 1275

チョリソーはカリカリになるまで焼かれており、ちょいと焼きすぎじゃない、なんて思うものの、この大衆酒場感もたまりません。

Ichi ban kan 1280

唐揚げ? 3種類あって選ぶの面倒だから全部! な感じで。おつまみ唐揚げなので、やや小ぶりで。濃いめの味付けでさらに酎ハイが進んでいきます。

Ichi ban kan 1289

豚肉の生姜焼きも美味しかったなぁ。

Ichi ban kan 1302

〆はミニラーメンのついた麻婆丼セット(550円)を。ボリュームたっぷりだし、ひき肉ののったシンプルな、かけラーメンも〆にはつっぱりで美味しい。もやしシャキシャキ。

一人2,500円くらいだったのですが、半分は酎ハイだったと思われます。チェーン店の中華料理屋呑みは今は日高屋が定番なのですが、店が増えてきたら「一番館」に移ってしまいそうだなぁ。味もこちらが好みでした。

ごちさそうさま!!!!

「一番館 中野サンモール店」のアクセス

住所:東京都中野区中野5-65-11 筑紫ビル 2F・3F

>>中華食堂一番館 中野サンモール店(中野/中華) - Retty