スポンサードリンク

「エレファントカシマシ」のイントネーション(発音)を30年間くらい間違っていたのかもしれない

スポンサードリンク

「エレファントカシマシ」のイントネーション(発音)を30年間くらい間違っていたのかもしれない

エレファントカシマシ」はデビュー当時から知ってますし、なんなら彼らが赤羽で練習していたスタジオまで行ってしまったこともありますし、けっこう好きで聴いてきたバンドではあるのですが、まさかバンド名の読み方のイントネーションを根本から間違っていたのかもしれない‥‥という事実を、ここにきて突きつけられています。

スポンサードリンク

宮本浩次が発音する「エレファントカシマシ」

こちらの動画をご覧ください。

お、思ってたのと違ーーーーーーーーーーーーう!!!

エ→レ→ファ⤴ン⤵ト→カ→シ→マ→シ

エレファントの発音も独特ですし、カシマシも平坦な発音です(貸し増しになっている)。恐らく多くの人が思っていた発音とは違うイントネーションになっているのではないでしょうか。驚きますよね。

驚きついでに調べてみたら「エレファントカシマシ」のイントネーションという記事があり、そこには次のように書かれていました。

いわゆる一般のテレビ、ラジオ、多くのファン、エレカシを名前だけでも知ってる一般人が言う「エレファントカシマシ」のイントネーションと、宮本さんや、エレカシのメンバーが言う「エレファントカシマシ」のイントネーションが違いますね。

ライブに足繁く通うファンには周知の事実‥‥なのかもしれませんが、それが広く世に知られることは、これまではなかったということなんでしょうね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【松屋】「厚切り豚テキ定食」分厚い豚肉を特製にんにくタレでガッツリ食す!

次へ

「電気グルーヴ」新会社を設立しファンクラブ・オンラインストアを開始