2016年9月28日に発売された宇多田ヒカルの6枚目のアルバム「Fantôme」が、国内外を含む出荷枚数とデジタル配信で100万枚を突破したことが明らかになりました。宇多田ヒカル、またアルバム100万枚 配信も含むという記事になっていました。

同アルバムは8年ぶりのオリジナルアルバムで、宇多田自身初のオリコン4週連続1位や、全米のiTunes総合チャートで3位にランクイン。昨年の日本レコード大賞最優秀アルバム賞にも選出された。

CDの出荷枚数とデジタル配信の比率が気になるところですが、総計で100万枚分を突破した、ということですね。

と思ったら、内訳もありました。「内訳はCD78万枚、デジタル配信が22万枚」だそう。まだCD販売の方が強いのですね。

「Fantôme」の100万枚突破で、全てのオリジナルアルバムでミリオンセールスを達成したことになるということです。

これまでのアルバムは以下の6枚です。

1. First Love(1999年3月10日)
2. Distance(2001年3月28日)
3. DEEP RIVER(2002年6月19日)
4. ULTRA BLUE(2006年6月14日)
5. HEART STATION(2008年3月19日)
6. Fantôme(2016年9月28日)

2010年以降に宇多田ヒカルが「人間活動」をしていたため、5枚目と6枚目のリリース間隔が空いています。