スポンサードリンク

「BABYMETAL」最新アルバムが米ビルボードのアルバムランキングで39位に → 坂本九以来の快挙

スポンサードリンク

B019BS19V0

3人組ガールズメタルユニット「BABYMETAL」の最新アルバム「METAL RESISTANCE」が米ビルボードのアルバムランキングで39位になりました。40位以内にランクインするのは、1963年の坂本九以来の快挙とのことです。凄いなぁ、ベビメタちゃん。ベビーメタル、最新アルバムが米ビルボード39位という記事になっています。

3人組メタルダンスユニットBABYMETALの最新アルバム「METAL RESISTANCE」が、米ビルボードのアルバム総合ランキングで39位になったことが12日、分かった。

スポンサードリンク

もちろん日本でも評価は高いと思いますが「BABYMETAL」の場合は海外での評価の方が高いような気がしますね。ブレイクの仕方も、海外が先行していたようなイメージがあります。

1963年に坂本九の「Sukiyaki and Other Japanese Hits」が14位に、1981年にオノ・ヨーコの「Season of Glass」が49位に、ということで、上位にランクインするのは快挙です。

MOAMETALは「順位を知り、うれしさのあまり跳びはねてしまいました。尊敬するアーティストの方々と名前が並ぶことは、とても幸せです。39位にちなんで、サンキュー!」とコメントしています。

BABYMETALが日本人2組目の米アルバムチャートTOP40入り 坂本九以来53年ぶり(追加情報あり)によると39位になったのは4月23日付総合アルバムチャート「Billboard 200」で、1stアルバム「BABYMETAL」は最高187位だったので、とれだけの躍進かが分かります。

これまで日本人アーティストで“Billboard 200”にチャートインしたのは、1963年の坂本九『Sukiyaki And Other Japanese Hits』が日本人最高位となる14位、1975年の冨田勲『Moussorgsky: Pictures At An Exhibition』が49位、1986年のLoudness『Lightning Strikes』64位など。

「METAL RESISTANCE」は米ビルボード「World Albums」チャートで1位を獲得したそうです。

「BABYMETAL」とは?

「BABYMETAL」はアイドルとヘヴィメタルの融合をテーマに2010年に結成された3人組のメタルダンスユニットで、女性アイドルグループ「さくら学院」内のクラブ活動ユニットとして結成されました。メンバーはSU-METAL(ボーカル、ダンス)、YUIMETAL(スクリーム、ダンス)、MOAMETAL(スクリーム、ダンス)の3人で、現在は「さくら学院」からは独立したプロジェクトとなっています。海外ツアーも成功させています。

ネタフルでは2014年に【BABYMETAL】「BABYMETAL WORLD TOUR 2014」発表という記事を書いていました。

スポンサードリンク

前へ

ストリーミング配信が伸びて世界の音楽売上が3.2%増の約150億ドルに

次へ

Facebookに近所の人と商品の売買ができる「販売グループ」が追加されていた