B001W3YJO2

CDなどの音楽ソフトの売上は減っているけれど、ストリーミングが急伸したことで世界の音楽売上は前年比3.2%増の約150億円となったそうです。世界の音楽売り上げ3%増 ストリーミング急伸という記事になっていました。

国際レコード産業連盟(IFPI、本部ロンドン)は12日、2015年の世界全体の音楽売り上げが前年比3・2%増の約150億ドル(約1兆6300億円)だったと発表した。

ここ20年ほどで最大の伸びだったそうです。この伸びの理由は、もちろんストリーミング配信が伸びていることによります。Apple MusicにGoogle Play Music、日本でもLINE MUSICやAWAなどもスタートしています

音楽のストリーミング配信は、45.2%と急伸していますが、これは5年間で約4倍という数字とのこと。

インターネットなどを通じた音楽配信の売上高は10・2%増の約67億ドルとなり、全体の45%を占めた。一方、CDなどの音楽ソフトは4・5%減り、シェアは39%。

ぼくも音楽はGoogle Play Musicで聴くのがメインになりつつあります。

ちなみに、日本は世界と比べると特殊で、CDなどのシェアが75%もあるそうです。これは握手券なども影響しているのでしょうか。