B00COC60YC

定額制音楽配信サービス「AWA」と「LINE MUSIC」がサービスを開始しました。既に「AWA」は100マンダウンロードを突破したそうです。定額制の音楽配信サービスは利用したいと思っているので、そうなると個人的にも気になるのは「で、どんなミュージシャンが参加してるの?」というところです。そこで、現時点での参加レーベル、参加プロダクションと主要なミュージシャンをまとめてみました。

※主要なアーティストは完全に個人の趣味です。洋楽は分からないので邦楽中心です。

「AWA」「LINE MUSIC」参加レーベルと主要アーティストを比較

「AWA」と「LINE MUSIC」で、重なっているレーベルが多く「LINE MUSIC」のみに参加しているレーベルもいくつかあるのですが、現時点ではビクターの有無が大きな違いになるかな、と感じました。むしろ、なぜビクターは「LINE MUSIC」に参加していないのでしょうね? と思ったくらいです。

#表示されない場合はコチラからご覧ください。

面倒ではあるのですが、とりあえず全てのレーベルはざっくりと眺めておくといいんじゃないかなぁ、と思いました。けっこう発見があるというか「そうそう、これを聴きたかったんだ!」というアーティストがおり、都度、Favouriteに追加しておきました。音楽ライフが充実しそうです。

せっかくなのでアーティスト一覧のリンクもつけておきましょう!

キングレコード株式会社
株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
株式会社テイチクエンタテインメント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
株式会社ドリーミュージック・
日本クラウン株式会社
日本コロムビア株式会社
株式会社バップ
株式会社フォーライフ ミュージックエンタテイメント
株式会社ポニーキャニオン
株式会社ミュージックマイン
ユニバーサル ミュージック合同会社
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社

それなりに活動期間があり、新譜をリリースすれば売れるような大物アーティスト(サザンとかドリカムとか宇多田ヒカルとか松任谷由実とか)は参加しておらず、若手は積極的に参加している、という印象です。楽曲を商品と捉えるのか、とりあえず聴いてもらって周辺で儲けるのか、そのあたりのスタンスの違いが出ているのかな、と。ネット世代のアーティストは、定額制に抵抗がないのでしょうね、きっと。

ということで、参考になれば幸いです!

追記:便利すぎる‥‥定額制音楽配信サービスを使い始めたら自宅にCDショップが開店したみたいになりましたという記事も書きました。

AWA Music App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料

LINE MUSIC(ラインミュージック)-いつでも音楽聴き放題 App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料