B00N14UTB2

元ピチカートファイヴの野宮真貴が、かつて渋谷系と呼ばれた楽曲を歌ったものが録音された「野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards〜」というアルバムがリリースされていました。小山田圭吾に小沢健二、懐かしいです。

過去の埋もれた作品のみならず、誰でも知っている名曲をその時代に聴かれるために生まれてきた楽曲として再評価。 それらを全くの新曲のように紹介することや、それらに影響されて創られた音楽が【渋谷系】と呼ばれ、全世界にも影響を与えたのは1990年代。 あれから20年、【渋谷系】とカテゴライズされた音楽は、時代を超えて愛され続け、新たな愛好者も誕生しています。 そこで、元祖渋谷系の女王こと野宮真貴(ex.ピチカート・ファイヴ)がその【渋谷系】の名曲の数々を永遠のスタンダード・ナンバーにするため遂に立ち上がりました!

泥臭かった音楽サークルの後輩が、次々にボーダー柄の長袖Tシャツに切り替わっていった1990年代のアーリー、サマー、サニー、サンデー。ギターもレスポールじゃなくてグレッチになりました。

収録されている楽曲は以下の通りです。

1. 東京は夜の七時
2. MC1
3. The Love Parade
4. MC2
5. チャンスが欲しいの
6. Our day will come
7. MC3
8. マイ・ピュア・レディ
9. MC4
10. 監督:三木聡 MEDLEY
11. Hong Kong Night Sight
12. MC5
13. 生きがい (由紀さおり
14. MC6
15. 或る日突然
16. 月の裏で会いましょう
17. MC7
18. ぼくらが旅に出る理由
19. PIZZICATO FIVE MEDLEY

実況録音盤!「野宮真貴、渋谷系を歌う。~Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards~」 (Live) - 野宮真貴

実況録音盤! 『野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards〜』

B00N14UTB2