2012 11 06 1008

東日本大震災で大きな被害を受けた、岩手県大槌町出身の中学生・臼澤みさき1stミニアルバム「Homeland」がリリースされています。

中学生シンガー登場 « maclalala2という記事で、その存在を知りました。

「Amazing Grace」は歌い手の力量が問われる曲だが、それを自分のカラーで、しかも声量タップリに歌っているところがスゴい!

早速、動画を。埋め込みできないのでコチラから。

14歳になったばかりの彼女、小学3年生の頃から民謡を習っていたのだそうです。懐かしい気持ちが呼び起こされる歌唱です。

プロフィールより。

もともと歌うことが好きだった彼女は、習うほどに民謡が好きになり、将来は民謡歌手になりたいと思うようになった。歌うことで人に喜んでもらえることも知った。高齢者の慰問に出かけて行って歌うと、「おじいちゃんやおばあちゃんが、歌を聴いて笑ったり泣いたり、手拍子をしてくれたり……。歌うことで元気づけることができたらいいなと思いました」という。一方、民謡コンクールへの挑戦も続けてきた。2010年の「青少年みんよう全国大会」でグランプリを勝ち取り、「外山節全国大会」では少年少女の部で優勝するなど、その実力が認められている。

そして、なんと第45回日本有線大賞「新人賞」も受賞しました!

コチラが受賞曲、でしょうかね。故郷を思って歌う「故郷 ~Blue Sky Homeland~」です。

@clione は「北の元ちとせ」と評していますが、確かに「Amazing Grace」を聴くとそんな気がするのですが「故郷」を聴くと絢香のようなスケール感も感じました。

でもまだ14歳ですから、誰かに似ているというよりも、これから何者になるか、が大事ですね。ぜひ長く歌い続ける歌い手になって欲しいと思います。

Homeland

B008YINQXS