ザ・タイガース「Best★BEST」

グループサウンズ「ザ・タイガース」が武道館で公演を行ない、そこに後期メンバーだった岸部四郎もゲストとして参加したそうです。「ザ・タイガース」一夜限りの“復活” 岸部四郎「夢のよう」という記事です。

昨年9月にスタートした沢田の全国ツアーには、ドラム・瞳みのる(65)、ギター・森本太郎(64)、ベース・岸部一徳(65)と当時のメンバーがゲスト参加。この日の最終公演には、岸部の弟で後期メンバーのタレント・岸部四郎(62)も特別出演した。

岸部四郎は2003年に患った脳梗塞の後遺症で歩行困難なものの、兄である岸部一徳に支えられ、歌を披露したということです。

ザ・タイガースは71年1月24日に日本武道館で解散コンサートを行っており、ちょうど41年ぶりに同じ場所で5人がそろった。

ものすごくメモリアルな日、場所だったのですね。

ステージに立てたのは全部ジュリーのおかげ」と岸部四郎は感謝していたそうです。「肉体的にも精神的にも落ち込んでいたが、ここまで来てくれる気力が戻ってきた」とジュリー。

ゴールデン☆ベスト ザ・タイガース

B0000QX19G

シングル・コレクション

B00005S77W

■関連記事

シローも来た!ジュリー感激タイガース

沢田は、「メンバー全員で立ちたかったです。全員でやれることをぼくは信じています。近い将来実現できることを待っていて下さい」と、トッポこと加橋かつみが加わったザ・タイガースの復活を誓った。

ザ・タイガース再結成!岸部四郎も参加

歌手沢田研二(63)とザ・タイガースのメンバーが共演した全国ツアーの日本武道館公演が24日に行われた。40年ぶりの「再結成」ツアーは、昨年9月からスタート。全国38カ所で約9万人を動員した。