2010-11-15_1605.png

「ろ胞性悪性リンパ腫」により活動を休止、治療を行っていた「SOPHIA」都啓一が、がんが寛解したことを発表しています。

抗がん剤治療を経て、最新の検査の結果、リンパ腫病変が認められなくなる寛解という状態になりました。活動休止に入ったのが2010年3月でした。

現在はリハビリに専念しつつ、作品作りやライブ活動への準備を開始しているということです。

「ガンという、命を脅かす大きな壁を乗り越えたことによって」とありますが、本当にそうですよね‥‥。治って良かったです。

今後は2011年1月19日に作品をリリースし、2011年夏ごろに再始動ライブを予定しているということです。

都啓一の「必ずまたこのステージに戻ってくる」「絶対にガンに負けるか!」という約束通りになりましたね!

■関連記事

SOPHIA都啓一「がん無くなった」

都は今年2月にがん告知を受け、4月10日の東京公演を最後にバンド活動を休止して闘病を続けていた。10月に行われたイベントで復帰し、「この病気は完治しないけど進行が遅いのでうまくつきあっていく」と説明していた。