ソフトバンク、「ビクター」「テイチク」買収へという記事より。

音楽事業への参入を目指してJVC・ケンウッド・ホールディングスと交渉しているソフトバンクが、JVC傘下の日本ビクターの音楽子会社2社を買収することで大筋合意したことが15日、明らかになった。

ソフトバンクが「ビクターエンタテインメント」と「テイチクエンタテインメント」を買収して音楽事業に参入です。将来的にはどちらも完全子会社化する方向とのこと。

ソフトバンクは5月に2社の株式の過半数を取得する方向で、JVCと出資額などを最終調整している。残りの株式も、年内にビクターから買い取る案が有力となっている。

もともと「ビクター」売却の話が出たのは、2009年11月でした。当時は売却先はコナミとされていたのですが、紆余曲折あってソフトバンクに落ち着くようです。

「ビクター」にはサザンオールスターズ、SMAP、斉藤和義、LOVE PSYCHEDELICOらが所属しています。「テイチク」には綾小路きみまろ、大泉逸郎、杉良太郎、天童よしみらが所属します。

ソフトバンクの子会社でネット大手のヤフーは、曲を紹介したりする総合音楽サイトを手がけ、映像配信サービスも提供している。

ソフトバンクの子会社にはヤフーがおり「2社の豊富な音楽ソフトを活用すれば、ネットビジネスなど幅広い分野で相乗効果が期待できる」としています。

ソフトバンク的には所属アーティストがツイッターをしたり、iPhoneをもったりするという狙いもあるでしょうね、当然。短期的には。

■関連エントリー

松下電器、子会社のビクターを売却へ
ビクター、国内テレビ事業から撤退
ビクター + ケンウッド = JVC・ケンウッド
ビクター、音楽部門をコナミに売却へ
ビクター、ペンタックス買収へ