直電話で…マイケル“秘話”小室に新曲依頼していたという記事より。

「電話に出た小室さんは『マイケルからだ!』と叫んだ。(レコーディング)ブースには3、4人いたが、みんな、『スゲェー』となった。小室さんはマイケルからアルバム用の曲づくりを依頼されていた。その後、マイケルが『友達に代わるよ』といって電話に出てきたのが、(ハリウッド俳優の)ウィル・スミスだった。小室さんは『ウィル・スミスだ!』と僕たちに中継してくれた。また、『スゲェー』となった。小室さんの曲がヒットチャートに何曲も入っていたころだった」

DJ DRAGONがFM栃木の番組で、マイケル・ジャクソンから小室哲哉に電話が現場に居合わせたことを話したそうです。

マイケル・ジャクソンから電話がかかってきたのは、小室哲哉の曲がヒットチャートを賑わしていた頃の話だということです。

最終的に、小室の曲はマイケルのアルバムに採用されなかったようだ。

おっとそれは残念。とはいえ、マイケル・ジャクソンが小室哲哉に作曲を依頼していたのというのは、すごい話ではあります。

■関連エントリー

小室哲哉、詐欺で逮捕!!
小室哲哉、5億円を返済しても実刑?
ホリエモン、ブログで小室哲哉を語る
小室哲哉、毎月の生活費は800万円
小室哲哉容疑者「拘置所は寒い」
小室哲哉、保釈金3,000万円で釈放
小室哲哉の保釈金、立て替えたのは「エイベックス」
小室哲哉の告白本を出版するKAZUKIって誰?
小室哲哉、知人宅でKEIKOと“謹慎生活”
小室哲哉被告、起訴事実を認める
小室哲哉、ゴロが同じとglobeのメンバーに962万円
小室哲哉が詐取金を全額弁済→立て替えたのはエイベックス松浦
小室哲哉、懲役3年執行猶予5年
小室哲哉、執行猶予判決が確定へ