宇多田ヒカルが執筆「点」と「線」来春出版という記事より。

歌手の宇多田ヒカル(25)による初の著書が来年春に出版される。9日でデビュー10周年を迎え、自叙伝を書き下ろす。2冊同時発売(いずれもEMIミュージックジャパン/U3ミュージック発行)で、タイトルは「点―ten―」と「線―sen―」。

宇多田ヒカルがデビュー10周年を迎え、自叙伝「点-ten-」と「線-sen-」を絶賛執筆中とのことです。

「点-ten-」では、デビューから結婚、離婚、曲が出来上がるまでの葛藤などを綴っているそうです。「線-sen-」では、デビュー以来続けている、ウェブ日記を全て書籍化です。いずれも400〜500ページという大作です。

HEART STATION

HEART STATION

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE

■関連記事

宇多田ヒカル10周年 公式本2冊同時発売

「点―」は、デビューから10年の軌跡を当時の写真と共に振り返ったもの。現在執筆中で「宇多田光」としての書き下ろし。

宇多田ヒカル、初のオフィシャル本を発売

「線」では、デビュー以来続けているWEB日記を初めて書籍化するなど、2冊合わせれば、宇多田のすべてが分かる内容になっている。