マイケル 王子側と和解?出廷もキャンセルという記事より。

新作アルバムのレコーディング契約などを守らなかったとして、バーレーンの王子に訴えられた米歌手マイケル・ジャクソン(50)の代理人が23日、王子側との和解で原則合意したと語った。

マイケル・ジャクソンが、アルバム制作を条件に支払った700万ドルを返還せよと、バーレーンの王子から契約不履行で訴えられていたのですが、和解で原則合意したと報じられています。

「やっぱり一緒にアルバムを作るよポー!」みたいな具合に落ち着いたのでしょうか?

マイケル・ジャクソンが英高等法院に出廷する予定だったので、マスコミやファンが殺到することを考慮して用意された多数の整理券は取り越し苦労に終わりました。

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

■関連エントリー

マイケル・ジャクソン、バーレーンの王子から訴えられる
マイケル・ジャクソン、借金返済できなければ「ネバーランド」売却か?
マイケル・ジャクソン、ネバーランドを売却?
マイケル・ジャクソン、ビートルズの著作権を売却?
マイケル・ジャクソン、無罪判決
マイケル「ユー・アー・ナット・アローン」盗作と認定される