マイケル・ジャクソンが王子に訴えられたという記事より。

米歌手マイケル・ジャクソン(50)が、バーレーンのアブドラ・ビン・ハマド・ハリファ王子(33)から契約不履行で訴えられた。

マイケル・ジャクソンが、アルバム制作を条件に支払った700万ドルを返還せよと、バーレーンの王子から契約不履行で訴えられました。

王子側の弁護士によると、マイケルはアマチュア作曲家でもあるハリファ王子と共同でアルバム制作を行うことを条件に、700万ドルの必要経費を支払ってもらったという。

700万ドルといったら、約7億円ですからね。予定していた2枚のアルバムは制作されなかったそうです。

しかし、マイケル側は「贈り物だった」として、返還されなかったのだとか。贈り物、て。7億円が?

米ロサンゼルスからテレビ電話で法廷に参加したマイケルは、「王子は誤解している」とあらためて制作費として借りたという認識がないことを示した。

まあ、王子にしてみれば7億円くらいはどうってことないのでしょうが、何よりマイケル・ジャクソンと一緒に作業をするのを楽しみにしていたのでしょうねぇ。

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

■関連記事

M・ジャクソンを訴える…契約違反とバーレーン王子

王子側は見返りとして、新アルバムや自叙伝などを出すことでマイケルと合意、700万ドルの支払いを受ける予定だったとしている。