スポンサードリンク

「ラウドネス」樋口宗孝、闘病の途中経過をウェブで報告

スポンサードリンク

樋口宗孝が闘病報告「肝臓摘出、予断許さず」という記事より。

肝細胞がんのため4月から活動を休止して治療に専念しているロックバンド「LOUDNESS」のドラマー、樋口宗孝(49)が20日、公式ホームページでファンに向けてメッセージを発表し、再起に強い意欲をにじませた。

スポンサードリンク

「LOUDNESS」樋口宗孝、肝細胞癌で活動休止というエントリーを書いたのが、2008年4月でした。引き続き闘病中です。

ウェブサイトに、療養を続けている樋口宗孝からのメッセージが掲載されています。

Loudness Higucgi 10201

生死をかけての大手術により、肝臓も半分以上摘出し、現在もなお、治療を行っております。

健康管理には気をつけてはいたものの、がんが思いの他、進行していたため、肝臓の半分以上を摘出する手術を受けたということです。

元気な姿で復帰してくれることを、心よりお祈りいたします。

METAL MAD

METAL MAD

スポンサードリンク

前へ

【ブロガー急募】焼肉「ぐぅ」で“ホルモンナイト”開催決定!

次へ

エリザベス女王、株で65億円の損失