清志郎、復活の序曲…ジョン・レノン・スーパー・ライブという記事より。

昨年7月から喉頭(こうとう)がんの治療のため活動を休止していたロック歌手の忌野清志郎(56)が8日、東京・北の丸公園の日本武道館で行われた「ジョン・レノン スーパー・ライブ」に出演し、本格復帰した。

忌野清志郎が、喉頭癌で入院していたのは1年半くらい前でしょうか。場所が場所だけに、今後の活動にも不安があったのですが、無事に活動再開だそうです。

オレンジ色のスーツに黄緑のシャツ、靴とおなじみのド派手な衣装。髪は逆立ち、奇抜なメークも全開で、ビートルズの名曲「ドント・レット・ミー・ダウン」を熱唱し「イエーイって、言えーい。ご機嫌だぜ、ベイベー!」。

ああ、なんだか安心しますね。「僕にとって再生、復活の第一歩です」と語ったそうです。

無事に2008年2月の武道館公演を迎えられますように。

夢助

夢助

MAGIC~Kiyoshiro The Best

MAGIC~Kiyoshiro The  Best

GOD

GOD

■関連記事

清志郎がジョン・レノンSライブで復帰

「去年病気のときにオノ・ヨーコさんから『早く良くなってまた一緒にステージに立ちましょう』と直筆の手紙をもらったんだ。帰ってきたゼェ~!」