槇原敬之 エイベックスへ移籍という記事より。

シンガー・ソングライターの槇原敬之(38)がエイベックス・エンタテインメントと契約し、所属レコード会社をEMIミュージック・ジャパン(旧東芝EMI)から移籍することが3日、決まった。

槇原敬之がレコード会社を、EMIミュージック・ジャパン(旧東芝EMI)からエイベックスの移籍することになったそうです。

東芝EMIといえば、最近では次のようなニュースがありました。

東芝、EMI株を売却
英EMI、DRMフリーの楽曲をiTSで配信

株売却というのは、移籍にも何か関係していそうな気もします。例えば会社の体制が変わって、親しかったスタッフが辞めてしまったとかなんとか。

エイベックスでは、

本人の楽曲リリースのみならず、所属アーティストへの楽曲提供や、プロデュースなどの活動も期待しているといわれる。

ということで、槇原敬之がより幅広く活動して行く可能性もありそうです。

Such a Lovely Place

Such a Lovely Place

LIFE IN DOWNTOWN

LIFE IN DOWNTOWN

■関連記事

槇原敬之に「999」盗作騒動
槇原敬之、松本零士に反論
槇原敬之、盗作騒動はノーコメント
日本初の“iTunes予約注文アーティスト”は槇原敬之
槇原敬之「LIFE IN DOWNTOWN」
槇原敬之「EXPLORER」
浜田雅功と槇原敬之「チキンライス」