初快挙…日本のロックグループのPVがMTVで戴冠という記事より。

「朔−saku−」のプロモーション・ビデオ(PV)が、米大手音楽専門チャンネルMTVで、全米のロック・ファンが選ぶ賞のグランプリに輝いたのだ。

日本のロックバンド「Dir en Grey(ディルアングレイ)」が、アメリカのMTVの看板番組「ヘッドバンガーズ・ボール」が一昨年から始めた視聴者が選定するプロモーションビデオの賞で、そこでグランプリを受賞したそうです。

「米MTVの音楽賞に日本のロックバンドがノミネートされたこと自体が初のケース」と関係者。しかもグランプリを受賞してしまったのですから、凄いことです。

ノミネートされたバンドには、アイアン・メイデンをはじめ、デフトーンズ、ストーン・サワー、ラム・オブ・ゴッド、ブリット・フォー・マイ・バレンタインといった、世界のヘヴィメタ系バンド25グループが名を連ねていた。

そうそうたるバンドがノミネートされていますね。

Dir en greyがMTV人気番組の音楽賞でノミネート、受賞確実か。によると、過激なパフォーマンスが日本のメジャーシーンにはマッチせずに、海外に活動の場を広げていったのではないかと分析されています。

同曲は04年7月に発売され、日本ではオリコン4位にランクインし、10万枚を超えるセールスを記録。PVは、家庭内暴力を題材にしたドキュメンタリータッチのセンセーショナルな作品に仕上がっている。

YouTubeにもありましたが、確かにかなり過激な内容でした。

「自分たちの音楽が、米国のロックファンに伝わったことがうれしい」とメンバーのコメント。日本ではそれほど有名でなくとも、海外で評価されるバンドが増えるというのは嬉しいことですね。

朔-saku-

朔-saku-

かすみ

かすみ