Utada米新人チャート5位になったそうです。

宇多田ヒカル(21)の全米デビューアルバム「EXODUS(エキソドス)」(「Utada」名でデビュー)が、23日付のビルボード誌チャート「Top New Artist Albums」で初登場5位になることが14日、分かった。

ビルボード誌では、

「伝統的に、日本のポップスターの日本での成功を、米国の市場にそのまま当てはめて考えることは無駄とされてきたが、ニューヨーク生まれの才能あふれるアーティスト、Utadaは例外のようだ」

と評しているそうです。

ちなみに、宇多田米デビューアルバム、初登場160位ということで、アルバムチャート全体では160位だそうです。

Amazonで「Exodus」を見てみる

Exodus

■関連記事

宇多田ヒカルが“全米デビュー”で歌っている楽曲の中身と評判

例えば、「上に押して、下に押して、上に引いて下に引いて。その調子、でもお静かに。さあ、私を降ろして……なんて激しい運動!」「あなたの体を思い浮かべるたびに私の体はオー、オーと叫ぶ」「アジア系が本気になったらどれだけすごいか見せてあげた」「新しいマイクロホン(イチモツ)を手に入れたからもうあなたに用はない」「私はお手軽ジャパニーズ」という具合で、日本人女性の尻軽ぶりを強調している。