田原俊彦が歌手25周年記念握手会をしたそうです。

歌手田原俊彦(43)が7日、歌手生活25周年を記念して、東京・銀座松坂屋でトークショーと握手会を行った。

今朝、久しぶりにテレビで俊ちゃんを目撃しました。43歳には見えなかった。子供の頃、よく歌真似しました。だから、横柄な態度をとって叩かれた時も、なんだか憎めなかった。今日のインタビューを見ていたら、そういうことは反省したみたい。

インタビュアーに足を上げてください、と言われて(スパーンとこう、前にあげるやつね)、「こんな感じかな」みたいなことを言いつつリクエストに応える俊ちゃん。イタビュアーも「おお」とか言ってる予定調和な空気。俊ちゃん。「長いようで短い25年間だった。今のアイドルと違って昔は厳しく、寝る暇もなく仕事をしていた」

そういえば「笑っていいとも」でお笑いにも挑戦したね、俊ちゃん。新曲も出したらしいけど、次の俊ちゃんはどこに向かっていくんだろう? 今だったら、何かドラマをやってみても面白いんじゃないか。何をやってもダメ男みたいなの、いいんじゃないだろうか。音がうるさいから子供にはコンサートは見せないそうです。

■関連記事

田原俊彦が25周年展で「もう一旗」

「73歳のおふくろのためにも、もう一旗あげたい」