Seien musako 9353

事前に武蔵小山の呑み屋を調べていて気になった店の一つが「中華立飲 盛苑」です。座って食べて紹興酒を呑むイメージのある中華料理が、まさかの立ち呑みです。しかも中華料理だと一品もモリモリしているイメージあるじゃないですか。それが立ち呑みだなんて!

駅からでも徒歩5分ほどの好立地。武蔵小山はしご酒の3軒目は「中華立飲 盛苑」です。ちなみに「もりえん」と読むようです。

「盛苑」のメニューと食べたもの

恐る恐る店内に入店すると、先客は2人。いずれも常連さんのようで、入口に近いテーブルで一緒に呑んでいました。

立ち呑みの中華料理ってどんな感じなんだろう‥‥とメニューを見ると‥‥?

Seien musako 9354

なんと料理は驚きの150円均一から!

もろきゅう、ザーサイ、キムチなどシンプルなものですが、それでも150円というのは驚きです。200円均一はピータンに蒸し鶏、さらに250円均一、300円均一、350円均一、450円均一と続いていきます。450円になると酢豚やエビチリソース、青椒肉絲などが食べられます。驚愕!

3軒目なので肴も軽めに頼んでみます。

Seien musako 9355

250円のくらげの冷菜。ザクザクと良い食感。すぐに出てくるアテです。

Seien musako 9356

焼き小龍包は3個で350円。モチモチしてて美味しかったです。

Seien musako 9357

なんと200円の蒸し鶏。なんというコストパフォーマンス。美味しいし言うことなしです、本当に。

ドリンク類を撮り忘れてしまったのですが生ビール350円、梅酒ソーダ割り180円、緑茶割り250円、紹興酒280円など、完全にせんべろ価格です。恐るべし立ち呑み中華、です。

Seien musako 9358

後から来た常連のオジさんが教えてくれた「何年経っても新メニューなんだ」というメニューを見ると、これまた驚きの価格。カレーライスが370円。軽くつまんで2〜3杯呑んで、〆にカレーライスや麻婆豆腐ラーメンを食べるというのも悪くないです。いや、むしろいい。近所に欲しい。

Seien musako 9360

背後にあった「本日おすすめ」にも後から気づいたのですが、こちらも200円、250円など激安メニューが並んでいます。1軒目から来て、いろいろな種類でお腹いっぱいの中華料理を食べるというのも楽しそうです。

場所は武蔵小山の晩杯屋の斜向いあたりなのですが「盛苑」が立ち飲みになったのは2011年で「晩杯屋」などの成功にあやかって立ち呑みスタイルを取り入れたのだそう。

立ち呑みもたくさん行きましたし、せんべろと言われる店にもあちこち行きましたが、立ち呑みでせんべろで中華料理のコンビネーションというのは初めてでした。けっこう駅近なのにこの価格帯。素晴らしすぎる、武蔵小山!

中華料理も美味しく頂きました。ごちそうさま!!!!!

「盛苑」の住所・地図

>>盛苑 - 武蔵小山/中華料理 [食べログ]

>>盛苑 (もりえん) (武蔵小山/立ち飲み) - Retty

住所:東京都品川区小山4-5-6