スポンサードリンク

映画「ボヘミアン・ラプソディ」2018年公開の洋画1位に

スポンサードリンク

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

伝説のバンド「クイーン」を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入が84億円を突破し、2018年に公開された洋画の第1位になったことが明らかになりました。

スポンサードリンク

「ボヘミアン・ラプソディ」興収84億円突破!18年公開洋画で第1位にという記事になっていました。

1月6日時点で累計興収84億5716万円、観客動員612万3160人。2018年公開洋画では「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(81億円)を抜き、ついに第1位に躍り出た。

「ボヘミアン・ラプソディ」が公開されたのが2018年11月9日なので、ほとんど2ヶ月での興行収入となります。

「クリスマスイブから正月にかけて約22億円を上乗せ」しているそうで、この勢いから興行収入100億円は固そうです。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」も抜いています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】期間限定無料&30%OFF以上「冬☆電書2019」2019年に絶対読むべきマンガ先取り特集(1/17まで)

次へ

ネタリスト(2019/01/08 08:30)あなたの信用力は?「信用スコア」 活用広がる