スポンサードリンク

実写映画「いぬやしき」主人公の犬屋敷壱郎は木梨憲武、獅子神皓は?

スポンサードリンク

2018年に公開予定の実写映画版「いぬやしき」の主要キャストが発表されました。それによると、主人公である犬屋敷壱郎は木梨憲武とのことです。対峙する獅子神皓は? 映画『いぬやしき』主演・木梨憲武、佐藤健が大量殺人鬼に -「GANTZ」奥浩哉の人気漫画を実写化という記事になっていました。

家庭では信頼も威厳もない、会社でも出世もない主人公・犬屋敷壱郎役には、『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年公開)以来、映画主演は実に16年ぶりとなる木梨憲武。実年齢より老けて見える犬屋敷役を演じるに当たり、特殊メイクを施して“おじいちゃんヒーロー”役に挑む。

スポンサードリンク

同じく能力を手に入れ、世界を破滅させようとする獅子神皓は佐藤健です。

マンガを読んでいる印象からすると、木梨憲武は若すぎる気がするし、佐藤健は年を取りすぎているような気もしますが‥‥実際に演じているところは、違って見えるでしょうか。犬屋敷壱郎は、しかも小柄なんですよね。ノリさん大きいからなぁ。

今作ではこれまで以上の緻密なCGを作り上げるべく、撮影前にキャストと海外に赴き、世界に数台しかない機器を使用して全身スキャニングを実施。最新の技術を駆使し、万全の態勢で撮影に臨んでいるという。

監督は実写映画「GANTZ」の佐藤信介です。「GANTZ」も面白い映画だったので、きっと「いぬやしき」も面白く仕上がるはず。期待して待ちたいと思います。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

奥浩哉「GANTZ」の次に描く「いぬやしき(1)」2014年5月23日発売

奥浩哉「いぬやしき(2)」【ネタバレあり】

奥浩哉「いぬやしき(3)」

スポンサードリンク

前へ

「iOS 10.3」アップデート前のバックアップが必須の理由とは?

次へ

【マクドナルド】クレジットカードと電子交通系マネーが2017年夏より使用可能に