2010-04-18_2235.png

ジョニー・デップ主演の3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」の初日の興行収入が、なんと「アバター」の2倍を記録したそうです。

「アバター」といえば、

「アバター」オスカー9部門にノミネート
「アバター」興行収入150億円突破で歴代9位に

といったニュースもあった、ハンパない映画ですよ。初日のみとはいえ、その数字の2倍というのですから。

デップの「アリス」初日興収アバターの2倍によれば、

・アバター 3億7,111万円

に対して、

・アリス・イン・ワンダーランド 約7億円

となったそうです。

アバターで3D映像が定着したことに加え、上映時間もアバターより1時間ほど短い1時間49分。上映回数を多くできることも追い風となりそうだ。

どこまで記録が伸びるのでしょうね。楽しみです。アメリカでも「アバター」を上回るヒットとなっているということです。

■関連記事

「アリス-」アバター超え、初日興収7億円

配給のウォルト・ディズニーが発表したもので、これは昨年12月に公開した「アバター」の初日興収約3億7000万円(831スクリーン)を超える驚異的なスタート。