「アバター」オスカー9部門ノミネートという記事より。

第82回アカデミー賞(日本時間3月8日)のノミネートが2日、発表され、興行収入20億ドルを突破し、世界記録を更新中の「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)が今回最多タイの9部門で候補に選ばれた。

世界中で話題になっている映画「アバター」が、第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞など9部門にノミネートされています。

1998年に史上最多1部門を受賞した「タイタニック」は、14部門でノミネートされていました。ちなみに興行収入では「アバター」が「タイタニック」を抜き去っています。

同作は1月31日に映画史上初めて全世界で20億ドルを突破。日本でも85億円、観客動員550万人超の大ヒットを記録している。

IMAXで観たいと思いつつ、まだ行けてないんですよねぇ。早く観に行きたいと思っているのですが。さて、どうしようかな。

■関連記事

アバター、最多9部門!米アカデミー賞候補

長編アニメ部門でのノミネートが期待された宮崎駿監督(69)の「崖の上のポニョ」は選にもれた。

アカデミー本命「アバター」強敵は元妻!世界巻き込む夫婦ゲンカ

「元夫婦がオスカーを争うのは史上初と全米でも注目されている。2人は、かつてプロデューサーと監督の関係だったこともあり離婚後も友人付き合いを続けている」