インド映画「ハリ・プッター」の訴訟問題、ワーナーが敗訴という記事より。

人気映画「ハリー・ポッター」シリーズの著作権を保有する米映画会社ワーナー・ブラザーズが、ヒンディー語の映画に「ハリ・プッター(原題Hari Puttar: A Comedy of Terrors)」というタイトルを付けたインドの制作会社を訴えていた問題で、インドの裁判所は、視聴者にとって混乱を招かないとしてこの訴えを退けた。

明らかに「ハリー・ポッター」にインスパイアされったぽいインド映画「ハリ・プッター」が、ワーナー・ブラザーズから訴訟を起こされていたのですが、インドの裁判所はこの訴えを退けています。

「ヒンディー語を話す田舎の子どもはハリー・ポッターについて聞いたこともないであろう一方、英語を話す都市部の視聴者は、ハリー・ポッターを良く知っているため混同する理由は全くない」

「ハリ・プッター」と「ハリー・ポッター」は似て非なるもの、普通は混同しませんよ、ということのようです。ワーナーはどうするんでしょうね。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)