20世紀少年第2章に新人女優の木南晴夏!という記事より。

新人女優の木南晴夏(きなみ・はるか、23)が、映画「20世紀少年・第2章」(堤幸彦監督、来年1月31日公開)の鍵を握る女子高生、小泉響子役に大抜てきされたことが2日、分かった。

「20世紀少年」後半の重要な役所となる小泉響子役に、木南晴夏(きなみはるか)が抜擢されています。

女子高生役ですが実際の木南晴夏は23歳で、新人女優と記事では書かれていますが木南晴夏 - Wikipediaを見ると高校時代からテレビドラマなどで活躍していたみたいです。

製作サイドでは、第2章のヒロイン・カンナ(平愛梨)と同等に重要な人物としてキャスティングしていたところ、小泉と“うり2つ”の木南を知り、一目ぼれ。さらに演技を見て、監督や浦沢氏も「そっくり! すばらしい」と絶賛した。

写真も掲載されているのですが、確かにこれは似てますね。ナイスキャスティングです。

木南晴夏本人は「こんな顔に生まれて良かった」と喜んでいるそうです。

ホリプロのプロフィールに、フォトギャラリーやメッセージ、掲示板などがありました。

2008-09-04_1047.png

大御所の方々に囲まれながらの撮影ですが、のびのびと演じさせていただいてます。ストーリーはシリアスですが、小泉響子はコミカルなキャラなので少しほっとする部分になればいいなと思います。

横浜エイティーズ

横浜エイティーズ