野田社長の半生描く映画「巨乳をビジネスにした男」が公開という記事より。

芸能プロダクション、サンズエンタテインメントの野田義治社長(61)の半生を描いた映画「巨乳をビジネスにした男」(渡辺武監督)の初日舞台あいさつが19日、東京・シネマアートン下北沢で行われた。

野田社長の半生が「巨乳をビジネスにした男」という映画になったそうです。

確かに、ある時期から同じようなポーズでグラビアを飾る女性が増えたのですが、それに仕掛人が野田社長であったことを後から知りました。

野田社長役は遠藤憲一で「台本を読む前は巨乳ばかりが頭にあったけど(実際には)人間ドラマでした」とコメントしています。

テレビで見たことあるのですが、タレントのことに親身になっている社長というイメージでした。タレントの今後のことを考えて、舞台を積極にやらせたりとか。グラビアはあくまでもきっかけで、その後のことを大切に考えているのでしょうね。

新人タレント役には浜田翔子で「胸を大きくするために唐揚げを食べて努力」したそうです。唐揚げを食べると胸が大きくなるなんですか?

2007年7月25日にはDVD(↓)が発売されるらしいです。

巨乳をビジネスにした男

女心をつかんで動かす―「伸びる女」はこうして見抜け

女心をつかんで動かす―「伸びる女」はこうして見抜け

巨乳バカ一代―胸の谷間から見た野田流成功法則70

巨乳バカ一代―胸の谷間から見た野田流成功法則70