松本人志監督映画 カンヌで初披露!という記事より。

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(43)が初監督・企画・主演した映画「大日本人」(6月2日公開)が、今月16日に開幕する第60回カンヌ国際映画祭の「監督週間」出品作に選出された。

「ダウンタウン」松本人志の監督デビュー作品である「大日本人」が、いきなりカンヌ国際映画祭に選出されたそうです。いきなりカンヌで初上映ですよ。

「大日本人」は松本人志が監督、主演を務める作品で、内容が全く明らかにされていないということで話題になっていました。

同映画祭のディレクターは4回視聴し「ある種のコメディーの最高傑作だと思います。松本人志という新しい才能の発見は、私にとって驚きでした。おそらく最も突出した個性を持つ作品になるでしょう」とのコメントを寄せた。

コメディーなんですねぇ。日本だけでなく世界中で公開されることになるのでしょうか。

「正直、まだピンとは来てないのですが、とにかく僕の映画を認めたカンヌは僕も認めます(笑い)。あくまでも日本人向けに作ったので、外国の人がどう見るかは興味はありますね」と松本人志はコメントしています。

いちおう、神木隆之介、竹内力、UA、板尾創路らが出演することまでは分かっているのですが、どんな内容なのか。非常に気になります。

カンヌ関係者が大絶賛!松本人志の初監督映画が監督週間招待によると「同社によると今年初めに未完成映像を映画祭側に送ったところ、すぐに熱烈オファーを受けるというトントン拍子の経緯」だったそうです。

■関連記事

松本人志「大日本人」で映画初監督
松本人志監督「大日本人」は異色キャスト