2004年度ダメ映画を決める「文春きいちご賞」が日本映画を斬るという記事がありました。

アメリカの最低映画を決めるラジー賞のノミネーションが先日発表されたが、同賞の日本版とも言える文春主催の「きいちご賞」(週刊文春1月27日号にて掲載)も発表された。

文春きいちご賞は映画記者、評論家、20人の投票により決定されているそうです。

圧倒的ワーストワンは「デビルマン」で「出演者があまりにもダイコン」というコメントが寄せられたそうです。2位は紀里谷和明監督の「CASSHERN」で、こちらには「宇多田ヒカルが歌う曲のプロモーション映画」と。なかなか面白いですね。「ハウルの動く城」だって「声優もストーリーも絵もすべてダメ」ですよ。

是非、継続して欲しい企画です。

デビルマン

カスタマーレビューで笑っちゃうくらい酷評されています。こういう作品もあるんですね。

CASSHERN

CASSHERN