あまり、こういうベタなフィクションは好きではない、と思っていたのですが、本日発売のスペリオールで連載が終了したマンガ版の「いま、会いにゆきます」を読んでいて、思わず電車の中で涙をこぼしそうになってしまいました。あぶないあぶない。

なぜタイトルが「いま、会いにゆきます」なのか。最後にようやく分かりました。小説が原作になっており、もうすぐ映画も公開されるということですが、このマンガ版も素敵でした。映画も見てみたいかも。一言で言うならば、家族の愛、みたいな。照れくさいですが。自分の立場に置き換えてみると、切なすぎるストーリーです。

10月28日に単行本が発売されるそうです。

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます

「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟

「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟

いま、会いにゆきます