山村浩二さんの「頭山」がグランプリ受賞したそうです。

世界的に権威のある第16回ザグレブ国際アニメーション映画祭(クロアチア)で、日本の山村浩二さん(40)の短編アニメ「頭山(あたまやま)」がグランドコンペティション部門の最高賞グランプリを受賞したことが21日、同映画祭事務局から都内の山村さんのもとに入った連絡で分かった。

ザグレブ国際アニメーション映画祭は2年に1度の開催で、フランス・アヌシー、カナダ・オタワ、広島と並び伝統のあるアニメフェスティバルなんだそうです。今回は77本の短編アニメが出品されていたそうです。日本人では過去に、手塚治虫氏が1984年のグランプリを受賞しているということで、グランプリ受賞が快挙だということが分かります。

「頭山」は同名の落語を原作にした約10分の作品。昨年春、米アカデミー賞の短編アニメ賞候補となり受賞は逃したが、昨年6月のアヌシー国際アニメーション映画祭の短編部門では、最高賞に選ばれた。

Amazonでニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ 山村浩二作品集を見てみる