アメリカではムーア監督の「華氏911」がR指定されたそうです。

米映画協会は14日までに、ブッシュ政権を批判したマイケル・ムーア監督の映画「華氏911」を、17歳未満の鑑賞は親か保護者の同伴を義務付ける「R指定」に決めた。

理由は「作品に暴力的な映像や過激な言葉が含まれるため」ということです。

しかしムーア監督側は「2、3年後にイラクに派兵されるかもしれない15、16歳は、この映画を見る権利がある」と主張し、協会に指定見直しを働き掛ける方針とのこと。

Amazonでマイケル・ムーアの他の作品を調べる

■関連記事

「Fahrenheit 9/11(華氏9/11)」予告編がウェブで公開

映画製作者のMichael Mooreは米国時間3日、論争を巻き起こしているドキュメントフィルム「Fahrenheit 9/11」予告編のストリーミング配信を開始した。