「Movable Type 4」リビルド所要時間メモというエントリーを書いた後に、サイドメニューやセンターメニュー、そしてヘッダーをモジュール化、ウィジェット化し、さらにそれらをキャッシュ可能にして再構築に臨んでみました。

2009-02-03_1358.png
(前データ:1分50秒)

2009-02-03_1409.png
(前データ:10分20秒)

2009-02-03_1356.png
(前データ:14分29秒)

2009-02-04_0902.png
(前データ:4時間36分)

やや速くなっていますが、キャッシュによる劇的なスピードアップというのは体感できませんでした(時間帯など様々な要素もあると思いますが)。

そもそも、キャッシュが効くというのは、個別ページに月別アーカイブなどを配置した時に、その処理結果をキャッシュするものであり、静的なコンテンツにはあまり効果がないのでしょうか?

だとするとネタフルの場合、もともと負荷対策としてリビルド時に生成するコンテンツは極力減らしているので効果がないのかも‥‥。

となると、これ以上の高速化を期待するならば、サーバのスペックアップになってしまうのかな‥‥。ちなみに現在のエントリー数は21,454件です。

なお、トップページのリビルドの際に全ページのサイトマップをxmlで吐き出してまして、それが非常に重いことが分かりました(当たり前)。

これを解除すると、トップページの再構築は15秒程度です。cronなどで自動実行にすべきですね。また、これを解除したらectoのエラーもなくなりました。

しかしまだ、どこか高速化できるんじゃないかと信じて、引き続き設定にチャレンジしたいと思います。今一度、MovableTypeをめっちゃ高速化する20の方法。 (Junnama Online (Mirror))を読んでみます。

でも逆算してみると、個別エントリーを一つ生成するのに約0.7秒なので、このくらいで普通なのかな、という気もしますね。

モジュールのキャッシュに関しては、以下を参考にしました。

テンプレートモジュールのキャッシュ | Movable Type 4 ドキュメント
小粋空間: MTInclude タグによる SSI(サーバサイドインクルード)不要なインデックステンプレートのモジュール化

■関連エントリー

Movable Type 4.2xってやっぱり遅いの?
Movable Typeの再構築を少し高速化するチューニング
「Movable Type 4」リビルド所要時間メモ