昨年、初めて訪問した「ふく田(門前仲町)」には、新年早々にも訪問しておりました。新年会と称して。初訪問時にテンション低めでブログの記事を書きましたが、なぜならこれ以上、流行って欲しくないという、ぼくの思いがありました。察してください。今回もテンション低めで参ります。

大人の和食「ふく田」

まずは生ビールで乾杯です。

定番メニューとは別のこちらの手書きメニューは、訪れる度に少しずつ変わります。

お通し。この時点で美味いです。

事前にお願いしておく刺盛です。新鮮なのはもちろんですが、仕事が素晴らしいのです。

「ふく田」牡蠣の磯辺巻に悶絶!

今回は、この牡蠣の磯辺巻にノックアウトでした。牡蠣と海苔が合いまくる!

時間が経つと湿気ってしまうので、最初に頂きます。

前回に続き、イカの雲丹巻も最高です。時間が経つと雲丹が溶けますので、やはりこちらもお早めに。

鰤。こちらはポン酢がしみしみしてから。美味くないわけがないと。

すぐに日本酒にスイッチです。やはり和食には日本酒が合いますね。

酒の肴&

日本酒!

もう止まらない!!

「ふく田」カワハギの肝にまたもや悶絶!

カワハギも、肝がとろける美味さです。肝がタップリ。

肝醤油ではなく、肝を味わえる感じで。感動。

昨年の富山以来のカワハギの肝タップリに感動です。

日本食の命は出汁なのですね。

ホッと一息&日本酒を!

「ふく田」カラスミとチーズのマリアージュに三たび悶絶!

今回は、待望の自家製のカラスミを頂くことができました(前回はタッチの差で完成していなかったのです)。

このカラスミ一つで、どれだけ日本酒が飲めてしまうことか‥‥チーズとの相性も抜群です。カラスミにチーズのマリアージュが登場するのが「ふく田」の素晴らしさですね。

牡蠣のフリッターも衝撃の美味さだったなぁ。フライでも天ぷらでもないんです。フリッター。牡蠣のフリッター。牡蠣の磯辺巻に続く、牡蠣劇場でした。

料理とお酒をたらふく頂いての〆は、やはりこいつです。

「ふく田」〆はやはり‥‥

自家製柚子胡椒のおむすび!!!

ピリリと辛いですが、それがまた美味い。みんなで秒殺です。柚子胡椒のおむすびは、シンプルで真似したくもなる味ですが、やはり柚子胡椒を選びますねぇ。

「ふく田」不便なところにあるのでオススメしません

まさか門前仲町に通うことになるとは思いませんでしたが、門前仲町が近く感じてしまうお店です。ご夫婦二人で切り盛りされているので、混んでいると料理がでるまで少し時間がかかることもありますが、女将さんとのとトークも楽しいです。

最近、訪問している日本食の店の中では、間違いなくベスト3に入りますが、駅からも離れていて不便なのでオススメしません。もしも行くなら要予約な、大人のお店です。

ごちそうさま!!!!!!

「ふく田(ふくでん)」駅から離れたところにある大人のための下町の小料理屋(門前仲町)もあわせてどうぞ!

Ranking 割烹・小料理 | 門前仲町駅