スポンサードリンク

【楽天イーグルス】2019シーズン「楽天生命パーク宮城」で完全キャッシュレス化を実施 〜楽天ペイ、楽天Edyなど

スポンサードリンク

【楽天イーグルス】2019シーズン「楽天生命パーク宮城」で完全キャッシュレス化を実施 〜楽天ペイ、楽天Edyなど

「楽天イーグルス」が、2019シーズンはホームスタジアムである「楽天生命パーク宮城」で完全キャッシュレス化を実施することを発表しています。楽天ペイ、楽天Edy、クレジットカードなどでの支払いのみとなります。

【重要なお知らせ】2019シーズン 楽天生命パーク宮城は完全キャッシュレス化(非現金化)を始めますとして発表されています。

2019シーズン、楽天生命パーク宮城で開催する楽天イーグルスの公式戦開催時(一軍・二軍とも)に、プロ野球チームの本拠地スタジアムとしては世界で初めて、スタジアム全店舗におけるキャッシュレス化(非現金化)に取り組むこととなりましたのでお知らせいたします。

スポンサードリンク

楽天イーグルスのスタジアムがキャッシュレス化

キャッシュレス戦争的な感じで各社がスマホ決済の導入をガンガン推進していますが、楽天は楽天イーグルスのホームスタジアムをキャッシュレス化する施策を打ってきました。

キャッシュレスだとポイント還元があるといった施策ではなく、完全にキャッシュレス化してしまうという、けっこう思い切った判断だと思います。

スタジアムで販売しているチケット、グッズ、飲食の購入には、現金に代わり楽天ペイ、楽天Edy、クレジットカード、楽天ポイントなどのキャッシュレス決済が利用されます。

キャッシュレス化の概要

サービス開始日:4月2日(火)北海道日本ハム戦(2019シーズン東北開幕戦)

対応する支払い方法は以下の通りです。

スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」
電子マネー「楽天Edy」
共通ポイントカード「楽天ポイントカード」(一部店舗除く)
「楽天カード」およびMastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード
「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカード

ほとんど楽天イーグルスのファンで埋め尽くされるホームスタジアムであれば、この施策もありだとは思います。

とはいえ、スマホ決済をしたことがない人、スマートフォンや楽天Edy、クレジットカードを持っていない人もいます。そういう人向けには、サポートデスクを設置し、さらにEdyカードレンタル(貸し出し、返却 デポジット管理)やチャージ機の運用も行うとしています。

楽天ペイ向けのキャンペーンを実施

楽天ペイ支払いはキャンペーンもあります(2019シーズンの楽天生命パーク宮城一軍公式戦開催日)。

1)楽天ペイ支払いでビール・ソフトドリンク100円OFF(通年)
2)楽天ペイ支払いでグッズ購入で10%ポイントバック(通年)
3)年4回開催!楽天ペイ支払いでビール・ソフトドリンクが半額に

短時間で大量の支払いをさばかなくてはいけないようなスタジアムでは、スマホ決済だとスムーズに会計は進むでしょう。小銭のやり取りのミスもなくなりますし、特にビールの売り子は楽になりそうです。

ちなみに【コード決済】最も利用は「楽天ペイ」なのです。

楽天カードは楽天Edy、楽天ポイントの機能がついているので、シーズン前に契約しておくと便利かもしれません。楽天カードは無料で作れます。新規入会で5,000ポイントが貰えます。5,000円分がそのままスタジアムで使えますし、楽天イーグルスデザインのカードもありますよ。

楽天カード

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/01/15 13:00)電気グルーヴ「10代でうちらに憧れてたら心配」

次へ

サントリーとハワイアンズがコラボ動画「こころの声に、従え」ハワイアンズを作った男の物語