カブトムシの羽が欲しいというので、Amazonの空き箱で自作。背中に背負うタイプ。羽は手を通して羽ばたくことも可能。背中に当たる部分の面積を小さくして軽量化。