ふぅ、今夜の宿はここにするか。

やっと一息つける場所を見つけたモルツのモル次郎であった。